主婦向けに枠があるカードなら借りやすい

主婦といっても、アルバイトなどをして、少しでも収入がある場合と、専業主婦では、借入の条件が違ってきます。

 

どちらが有理かというと、一般的に、収入を得ている主婦の方が審査には有利といえます。
それと同時に、借入先の幅が広がってきます。
ざっくり言うと、自分に収入があれば、「消費者金融」から借りれます。
無収入の場合はそれができません。
このルールについては、また後で説明します。

 

そもそも専業主婦が銀行カードローンの申し込みをできるかどうかも不安材料の一つでしょう。
しかし、最近「主婦向けカードローン」というものをよく目にするようになりました。
いったい普通のカードローンとどういった違いがあるのでしょうか。

 

従来のカードローンと主婦向けのカードローンの大きな違いは「配偶者に収入も審査対象に入るかどうか」です。
カードローンは基本申込者の収入などをみて審査しますが、最近では配偶者に安定した収入があれば銀行カードローンの審査が受けられるものが増えています。
必ずしも審査に通るという訳ではありませんが、実際にカードを発行した専業主婦も多く存在します。
専業主婦のニーズを受け、最近では、専業主婦向けの融資枠があるそうです。
(この事実はあまり知られていません)

 

以上のように専業主婦でも配偶者に収入があれば審査が受けられる銀行に「イオン銀行カードローンBIG」が挙げられます。
イオン銀行の場合、専業主婦の方は融資限度額が50万円までとなります。

 

 

無収入でも借りられる。だから借り過ぎには注意を

主婦向け銀行カードローンは、総量規制の対象外の銀行カードローンは、収入のない専業主婦でも申し込みが可能です。

 

総量規制について念のため触れておくと、年収の1/3以上は借りられないという「貸金業法」に基づくルールです。
専業主婦には元々年収がないため、総量規制というルールが当てはまらない。つまり、貸金業法の中で運営されている、消費者金融からは借りれないということです。
先にあげたイオン銀行などは、「銀行」であり、「貸金業者」ではないため、総量規制のルールが適用されないということです。

 

 

自由に借りられて便利という面もありますが、本人に返済能力がないにもかかわらず、借りられるという点は、十分に注意すべき点です。

 

配偶者の年収も審査対象に入れる以上、同意が必要となってくるので配偶者に黙って借りるのは厳しいかと思います。

 

生活収入が配偶者のみとなる以上、自由にお金が使いたいと思う専業主婦も多いかと思います。
そういった人向けの銀行カードローンは最近複数でてきています。
勿論借りられるお金の限度は従来と比べて少ないですが、絶対に借りられないという訳ではないようです。

 

配偶者の承諾を得る事ができれば自分にあった主婦向けカードローンを発行するのも良いかと思います。
パートやアルバイトで収入がある主婦は従来のカードローンで十分審査可能です。既婚者というだけでも審査に通りやすいので確実ではありませんが、通る可能性は高いです。