自己破産は一生借りれない?

大金を借りていて借金返済に困った人なら誰しもが聞いた事がある「債務整理」ですが、債務整理をした場合、消費者金融や銀行に関わらずブラックリストに載ってしまいます。
そもそも債務整理というのは、いろいろな種類がありその種類によって今後、お金を融資してもらえなくなる可能性が高まる期限が変わってきます。

 

例えば一番有名なのは「自己破産」です。
これは簡単に言うと裁判所に借金返済不可能であることを申し立て、裁判所が借金返済不可能と認めた場合、借金を返済する必要がなくなります。
しかし一定金額を超える物は処分されます。
例えばマイホームや自家用車、20万円を超える預貯金など価値のある者は処分されます。
正直いってこれは「最終手段」です。自己破産を行った場合は当然ながらブラックリストに入り免罪確定から約5年ほどお金を借りる事はできません。
また5年近く経過しブラックリストから名前が削除したとしても、自己破産をしたという経歴は残る為、お金を借りる事は難しくなります。

 

実質、民間・公的すべての金融機関から融資を受けることは、生涯難しくなると考えてもよいでしょう。

 

任意整理は、完済していれば、借りれることもある

もう一つ有名なのを上げると「任意整理」でしょう。
これは司法書士が債権者と返済方法を交渉して返済額を下げてもらう事です。
具体的に言うと金利が無くなったり過払い金があった場合、借金額を大幅に削減できる方法です。
裁判所を通す必要もないので誰にもばれないで借金を減らす事ができますが、必ずしも借金が減るわけではありません。

 

この場合も勿論、ブラックリストに入り借金完済から約5年ほどお金を借りる事はできません。
また、任意整理をしたという経歴は残る為、ブラックリストから名前が消えたとしてもお金を借りるのは難しくなってきます。
ただ、ひとつ評価できる点をあげるとすれば、自己破産よりから、金融事故の度合いが低いことです。

 

自己破産は免責、つまり借金チャラです。そのかわりに返済義務を全く放棄したわけですから、世間の評価は当然最も低くなります。
それに対して、任意整理は、「任意の金利に引き下げ」はしたものの、返済義務を完全に放り投げたわけではありません。なので、一生お金を借りられないということはありません。
もちろん、銀行や消費者金融のカードローンも年数が経てば借りられることができ、クレジットカードもモノによっては作ることができます。

 

ブラックリスト削除後も借りれる確率は低い
以上のようにブラックリストに載っている期間は、大手消費者金融や銀行からは99%お金を融資してもらう事はできません。
債務整理を行った消費者金融や銀行に限らず、どこからもお金を借りることはできなくなってしまいます。
もちろんクレジットカード等も使えなくなりますので注意しましょう。

 

インターネット上では債務整理しても借りられると謳った消費者金融もありますが、ほとんどが高い利息のつく街金、最悪の場合は法律を無視した闇金に手を出してしまう可能性があるのでおすすめできません。
その為、どんなに審査が甘いと言われている銀行でも、ブラックリストに載ってる場合はほぼ間違いなく審査に落ちます。
しかし、5年以上経ちブラックリストから名前が削除された場合は再度、お金を借りる事は可能ですが、審査に通る確率は従来に比べ下がるというのも確かです。