通りやすい銀行カードローン

借金を複数の業者から借りている人は月々に違った支払日であったり、借金が複数ある為、月の返済額が多かったりと頭を悩ませているかと思います。
そういった悩みを解決してくれるのが「おまとめローン」となります。

 

簡単に説明するとおまとめローンは複数の業者から借りている借金を一つに纏め毎月の返済日、返済額を管理しやすくなり、おまけに利息も減少します。
また、基本的におまとめローンの金利は低く設定されているため、複数の業者から融資を受けている人にとってはかなりありがたいローンです。

 

しかし、おまとめローンは審査が厳しいというのがもっぱらの評判です。
この情報は確かに良い得ている部分があります。
おまとめローンの審査が厳しいのは確実です。

 

なぜなら、最初から「多重債務者」というハンディを背負って審査を受けなければいけません。
それに加えて融資をお願いする額も、数百万円単位と大金です。

 

返済期間は、金額が大きいぶん長くなり、5年〜7年。
要は長期間にわたって銀行はその人と付き合っていかなければならないわけです。
審査の際に、返済能力の判定が厳しくなるのは当然ともいえますね。

 

基本的な審査方法や基準は普通のカードローン発行時の審査となんら変わりはありません。
しかし、借金を背負っている状態で審査を受けるので、比較的審査に通りやすい銀行でもその難易度は上がります。

 

その為、審査の甘いおまとめローンは存在しないというのが現状です。

 

甘い銀行はない。でも、審査に通りやすくする方法はある

しかし、審査に通りやすくなる方法であれば存在はします。
多重債務者からしたら少し難しい条件になってくるかもしれませんが、他社での借入金額を減らすという方法が一番効果的です。

 

例えば100万円と95万円でもそれだけで審査の際に確認される個人情報「属性」の評価で有利になってきます。
また、勤続年数や年収といったポイントも勿論、重要なポイントとなってきます。
過去に借金返済の遅延が一切ない人や、毎月しっかり借金が返済できている人なら問題はないかと思います。

 

ではアルバイトや自営業の方はどうなってくるのでしょうか。
勿論、審査は可能です。
しかし、審査に通る可能性は正社員と比べ低くなってきます。
その他、借金をしている業者の数やアルバイト先の勤続年数と年収も従来のカードローン申し込みと違って厳しく審査される可能性が高いかと思います。

 

以上の事より、おまとめローンを申し込む方は基本「多重債務者」であり「融資限度額が従来より高い人」となるため、審査は当然ですが厳しくなります。
最低でも安定した収入がある人で勤続年数も1年以上ある人のほうが良いでしょう。
一度おまとめローンに申し込んで審査落ちした場合、それだけで今後の審査が通りにくくなってしまう可能性が十分にあるからです。