カードローンは目的自由

銀行にはカードローンとフリーローンというものが存在しますが、基本カードローンからお金を借りやすい理由というのは存在しません。

 

なぜなら、カードローンを発行する際に明確な目的の提示が必要ないからです。
これは消費者金融も同じであまり使用目的を聞かれることはありません。

 

申し込みの際に使用用途の記載欄がありますが、基本的に生活費目的等と書く人が多いかと思います。
その後どういった使い道をするのかは自分でも銀行側でも明確には分からない為、借りる目的を強く求められるという事はありません。

 

しかし、フリーローンは変わってきます。
フリーローンはカードローンと違い、お金を一度借りると後は返済のみで再度お金を借りる事はできません。

 

要するにカードローンは融資額が50万円と決まると後は10万借りてその後更に10万円を借りることが可能ですがフリーローンは融資額が50万円と決まれば50万円を借りてあとは返すのみです。

 

フリーローンに関しては一度のみの融資なので、申込者がなぜお金が必要なのかを問われる事がほとんどです。
なかには使用目的を証明できる書類の提出が必要となります。例えば「請求書」等です。

 

フリーローンを使う時の注意点

そんなフリーローンを使用する理由で最も借りやすい目的は「後に、そのお金を使用した事を証明できる事」です。
例えば「旅行」ですと後から領収書で旅行に行くためにお金を借りた事が証明できます。

 

その他「冠婚葬祭」や「引っ越し資金」などの理由が通りやすい目的とされています。
逆に請求書や見積書などで証明できない目的はフリーローンでは不利です。

 

例えば「生活費」は一見有利に見えますが、生活費というのは毎月費用にばらつきがあります。
その為、生活費に使用したという証明をするものもありませんのでフリーローンの審査には不利です。また、ギャンブルや投資などといった理由はほぼ間違いなく審査に落ちるので注意しましょう。

 

以上の事を読んでお気づきの方もいるかと思いますが、使用目的は嘘をつく事も可能といえば可能です。
使用目的を証明できる書類が必要と説明しましたが、これは全ての銀行で共通している事ではありません。
例えば証明書の提出の必要さえなくなればいくらでも嘘をつく事が可能です。

 

しかし、これは違反行為となります。
銀行側がそれを発覚させる確率は非常に低いですが、そういった銀行はフリーローンのメリットである金利の低さもカードローンとほとんど変わりないものが多いです。
フリーローンで使用目的に嘘を使ってもフリーローンを申し込む意味がないので、それなら最初からカードローンの審査を受けるのが無難かと思います。