返済できない状態になりやすい人

銀行の審査に通りカードを発行してもらうと、人は「これは自分のお金」と錯覚してしまう人と「これは銀行のお金」としっかり心に留めている人でわかれるようです。

 

確かに、銀行から大金を現金で借りる事で「こんなに呆気なく大金が手に入った」と感じてしまいどんどんお金を借りてしまう人も少なくはありません。
最近ではリボルディング支払のおかげでカードを使っても月々の返済額にほとんど変わりありません。まだ借りても大丈夫と感じてしまい、気づけば月の返済額も上がり返済不能な状態に陥る債務者も多いです。

 

こういった人は借金返済の為に借金をしている「多重債務者」が多いです。
こうなった場合はどこからもお金は借りれず、最終的にはどんどん利息が増え借りたお金の金額も大幅に増えて月額も払えなくなるのが大体の結末です。

 

こうなった場合は金融機関、もしくは法律家に相談するしか方法はありません。
まだ借金金額が150万円から200万円であれば任意整理で借金を返せるようになるかもしれません。

 

任意整理は弁護士や司法書士が債権者と話し合いで借金を整理します。
ほとんどの大手消費者金融や銀行はこの話し合いに応じてくれます。

 

返済不能状態なら任意整理で借金減額を

任意整理をした際は将来払うべき利息はカットされ返済額を下げてくれる事が多いです。また払いすぎた利息は全て返金されます。
いわゆる過払い金というものです。
その他、多重債務者の場合は借金を一本にまとめる事も可能です。
デメリットも少なく、誰かにばれるという事もありませんが、保証人がついている場合は保証人も任意整理の手続きを行う為、保証人にはばれてしまう可能性があります。

 

しかし、債務整理で借金が完全に消えるわけではありません。
元金は借金がそのまま残り返済額が減るとはいえ、毎月の支払義務は課せられます。
そんな、任意整理を行ってもなお返済ができないという人は最終手段として「自己破産」を行う必要があります。

 

自己破産は裁判所を通して債務者が借金を「返済不能」と認めれば借金支払の義務が免除されます。
勿論、自分の持つ価値のある所有物は全て処分です。
持家や自家用車は間違いなく処分されます。
そのほか、保証人にも債権者から請求がいったりといろいろ厄介事が多い手続きとなります。
ちなみにですが自己破産をしたからといって、戸籍にその履歴が残ったり会社をクビになるという事はありません。

 

以上の事をまとめて債務整理といい借金返済が困難な人がとる最終手段だと思ってください。
こういった最終手段に手を出す前に闇金などに手を出してしまう人も多いのでこういった救済処置もあるという事を頭にいれておくと良いでしょう。