事業主の生活費が厳しいなら

自営業は収入が不安定で審査の際に厳しく見られるイメージがあります。
稼げる人はサラリーマンより何倍も稼ぐ人もいれば、収入にばらつきがあり赤字があったりした場合は審査が難しくなってくるでしょう。

 

また、自営業の方が銀行カードローンを発行する際に、融資希望額関係なく収入証明書類の提出を求められる場合がある為、申し込みの際は用意しておく事をおすすめします。
自営業の方は消費者金融より総量規制のない銀行カードローンがおすすめされています。
年収によって融資限度額が左右されない銀行カードローンの場合は過去の経歴に傷のある実績がない限り自営業でも十分に借りる事が可能です。

 

場合によっては今後の事業計画書などの提出を求められる場合があるので、こちらも用意しておきましょう。

 

自営業の場合、年収に加えて開業からの年数を重視

自営業として大体いくら収入があれば審査に通れるのかという疑問が残りますよね。
その点に関しては明確ではありませんが「最低限生活できる収入」があれば銀行カードローンの審査は問題ないかと思います。

 

また自営業だからと言って審査が正社員等と比べて大幅に厳しくなるという訳でもありません。
また、自営業を始めてどれくらいの年数が経っているかが重要です。

 

十分な金額が稼いでいても、開業してからの年数によって審査の通りやすさが変わってきます。
例えば、開業してから3ヶ月で稼ぎが100万円以上になったとしても、その勢いがいつまで続くかは銀行側からしても怪しく見てしまいます。
それは、事業資金を借りる場合でも、ご自身の生活費を借りる場合でも同じです。

 

2年間で600万円の収入がある自営業の方と3ヶ月で稼ぎが100万円以上の自営業の方では2年間で600万円稼いでいる方のほうが審査は有利と言えるでしょう。
客観的にみてどちらが安定しているかが問題になってくるのです。

 

自営業の人が借りやすい銀行カードローンというのは正直特定は難しいです。
しいて言えば、どこの銀行カードローンも通りやすさは自営業を営む経営者個人の技量によって変わってくるという事です。

 

勿論、年収が高ければ高いほど審査に通る確率は上がりますし、場合によっては同じ年収の正社員より、借入の上限額が高い場合もあるでしょう。

 

開業1年未満は消費者金融への申込をまずは優先

実際にそんなに稼げていなくても審査はそんなに厳しいものではありません。
現金が必要であったり経営にお金が必要な場合は銀行でカードローンの審査を受けてみるのも良いかと思います。

 

ただし、あなたがもし開業から1年未満の自営業者であれば、銀行から借りるというのは厳しいかもしれません。
アコム、プロミスなどは民間の金融機関大手の中では審査通過率が高いサービスなので、そちらを優先的に申し込むのが得策でしょう。
事業主さんの生活費の借入もできるので、一石二鳥です。